キスマイ

衣装確認のためにコマ送り再生するキスマイファンが続出



【Kis-My-Ft2】この日のために作った衣装!? 曲名が隠されたデザインにファン歓喜

 カラフルなペイントが施されたライダースジャケットで登場したKis-My-Ft2。よく見るとそのジャケットには、メンバーのイニシャルが入った楽曲名が書かれており、その細かい作りにファンは驚き。放送後、キスマイが所属するレコード会社「エイベックス」が運営する公式サイトのスタッフブログでは、今年開催されたコンサートの様子を収めたDVD・Blu-ray『CONCERT TOUR 2016 I SCREAM』が12月21日に発売されたことを受け、「Mステの衣装でも少しリンクさせた形のデザインでパフォーマンスさせていただきました」と明かされた。“キスマイ愛”あふれるスタッフが、『Mステ』のために作った特別な衣装だったようだ。


【NEWS・関ジャニ∞】村上信五が手越祐也をキライになった理由とは……?


 “サッカー・フットサル”という共通の趣味がある、NEWS手越と関ジャニ∞村上。一緒にフットサルの試合をしたこともあるらしく、さぞ仲のいいコンビなのかと思いきや、ファンの間では以前から“犬猿の仲”と言われている。「どちらがサッカーに詳しいか」という対決だけでなく、村上はラジオ番組で「手越よりオレのほうがかわいいやろ?」と横山裕を問い詰めたこともあり、なにかと対抗意識を燃やしているようなのだ。『Mステ』でも2人は火花を散らし、「ずーっとボク、村上くんに『キライキライ』言われてて、なぜなのかなと思うんですけども」と手越が疑問を投げかけると、村上は「これはもう訂正しておきたいんですけど、ボクは手越がキライです」と、訂正どころかハッキリと「キライ」と言ってしまう始末。


 村上が手越を嫌う理由は、「こいつ(フットサルが)上手すぎてオレに全然パス出してくれないんですよ!」とやはり趣味が関係しているようで、「年に2~3回ケガをして、メンバーに迷惑かけますね」という手越の告白にも、すかさず「そういうところもキライなんですよ!」と主張していた。しかし、言葉とは裏腹に表情は終始笑顔だった2人。そんな様子から、本当は仲がいいことがバレバレであった。


【TOKIO】「ココリコの田中に似てるよね!」と核心を衝かれる松岡昌宏&斬新すぎる衣装が話題に


 「今年はどんな年でした?」とタモリから1年の総括を求められ、「ボクは『女々しくて』女装ばっかしてましたね」と、TOKIOの登場前にパフォーマンスを披露したゴールデンボンバーの楽曲「女々しくて」と、自身が主演したドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)をかけた松岡。『~ミタゾノ』は松岡が“女装の家政夫”を演じたことで話題となったドラマなのだが、タモリも感心を持っていたよう。しかし、「あのポスターずっと見てたけど、ココリコの田中(直樹)に似てるよね!」と、思わぬ角度からの感想が。これは実際にドラマのネタとしても使用され、最終回には松岡演じる三田園薫の“そっくりさん”として田中が登場している。実は多くの視聴者が感じていたことを、タモリが代表して松岡に伝えてくれた瞬間であった。

  5人は全身黒の衣装で登場したのだが、それぞれ「TOKIO」の文字が1文字ずつ白で大きく書かれたトップスを着用していた(長瀬智也のみ白のネクタイで「I」を表現)。シンプルながら斬新な衣装には、「なにこの衣装楽しい(笑)」「TOKIOの衣装が気になって仕方ない」「何気にネクタイが『I』になってるのに感動してしまった」と、視聴者からの反響が大きかった。


【嵐】相葉雅紀がタモリに『紅白』の事前あいさつ&励ますメンバー愛にほっこり


 『第67回NHK紅白歌合戦』の白組司会を務めることが決まっている相葉は、スペシャルゲストとして出演するタモリに「当日よろしくおねがいします」とあいさつ。「相当緊張してるってウワサ聞いたんだけど」とタモリから心配されると、相葉は「いや、だって怖いっすよ正直!」と本音をポロリ。すると松本潤が「やめなさい! 怖くない楽しいよ! 頑張りなさい!」と、弱気な相葉を激励していた。さらに、櫻井翔が「やればできる子」と相葉を勇気付け、他のメンバーも次々に「できる!」と相葉の背中を押していた。相葉はメンバーからの励ましを受け、「できる、オレはできる。大丈夫、みんながついてる、みんながついてる、よしがんばれる」と、メンバーと会場のファンを見ながら呪文のように唱え、己を鼓舞していた。そんな5人の姿に、ファンは“メンバー愛”を感じたようだ。