SMAP中居正広がMCを務める深夜バラエティ番組『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)が、4月24日からゴールデンタイムに“昇格”して生放送される。報道によると、中居は取材に対して「なんとなく家族みんなで見られる番組になるといいなと思っています」と意気込みを語ったというが、同番組は今、3月28日放送回をめぐって物議を醸している

同日放送回では、20~60代までの5世代に分かれた出演者たちが、一般の人々の各世代が答えたアンケートから作成されたランキング結果を当てる「ジェネレーションアンケートクイズ」を放送。1問目は「青春時代に流行ったオシャレな食べ物といえば?」というもので、番組レギュラーの劇団ひとりや玉森裕太(Kis-My-Ft2)、ゲストの相武紗季らが、世代間のギャップを楽しみながら回答した。

そんななか、視聴者を楽しませるどころか“ドン引き”させたのが、2問目の「劇団ひとりの嫌いなところは?」というものだった。テーマが発表された瞬間、劇団ひとりは「なんだこの問題!」と叫んだが、中居はMCとしてほかの出演者らに「もう、率直でいいですよ」と促し、各チームは「知的ぶってる」「髪型」「鼻の穴」「声」などと回答。

結局、アンケートの結果は20~50代の2位に「顔・見た目」が入っていたり、30~50代の3位は「面白くない」だったりと、外見と内面両方の批判的意見がランクインしていたが、1位は全世代共通して「嫌いなところはない」だと明かされると、スタジオには拍手が起こり、劇団ひとりも感涙したのだった。

しかし、視聴者はこの“なんとなくキレイなオチ”をスルーしなかった。ネット上には、「みんなでひとりの欠点を探すゲーム……超不快だった」「最後の『嫌いなところはない』がフォローになるから許されると思ったワケ?」「かなり悪趣味な企画で、まったく楽しめませんでした」といったクレームが続出。なかには、「中居くんの番組は好きだけど、こういう内容なら見たくない」といった声も。

私も、こんな企画で笑いを取ろうとする番組は、まずゴールデンに向かないと思う。中居は「家族みんなで見られる番組」を目指すようだが、今回の企画はハッキリ言って子どもには見せたくない。大勢がひとりを囲んで笑いながら外見をけなしたり、「ウザい」と指摘したりする様子はイジメと同じだし、ゴールデンだろうが深夜だろうが気分が悪い。制作サイドが、この企画で視聴者が純粋に笑ってくれると思ったのだとしたら、それこそ不愉快極まりない。

SMAPが解散した今、中居を応援するファンのためにも、イジメで笑いを誘うような番組については考え直してほしいものです。