記事画像
画像は、Kis-My-Ft2『Yummy!!(DVD付)(初回盤A) CD+DVD』より

やはり何かウラがありそうだ。ジャニーズ事務所の人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイ)」の最年長・北山宏光が元SMAP・中居正広を尊敬し、昵懇の関係にあるのは業界内でも広く知れ渡っている。ここ最近は両者の関係性がさらに密接なものになっており、特に中居が北山に急激な接近を図っているともっぱらなのだ。以前はどちらかといえば北山が尊敬する中居に教えを請う形でアプローチするケースが多かったはずが、まさかの"逆転現象"となっているという。一体なぜなのか――。 

もともとキスマイの派生ユニット・舞祭組のプロデュースを手がけたりするなど中居は若手育成の面でもかなり定評が高い。そうしたプロデューサーとしての血が騒いでいるのだろう。関係者の話を総合すると、中居はいつになく真剣な表情で周囲に対し「北山は素晴らしい逸材。オレの路線を引き継げるのはアイツしかいない」と口癖のように語っているというのである。どうやら中居は自身の後任、つまり"ポスト中居"として北山に白羽の矢を立ててゾッコンになっているという流れのようなのだ。民放局関係者が次のように打ち明ける。

「中居さんがウチの局も含め、レギュラー番組を持っている各民放局の親しい関係者数名に『自分がもし番組を続けられなくなるとしたら、次の後釜は北山に任せたらどうかな』と"ナゾの提案"を持ちかけているのです。もちろん『あくまでも仮定の話だけどね』とエクスキューズを付けてはいるのですが、ウチだけでなく他局の関係者にも同じ言葉を口にしていただけにあながち冗談や仮定の話ではないと思います」

中居が「後釜」として北山の割り当てを急ごうとしている理由について前出の関係者は「思い当たるフシがあります」という。稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の元SMAPメンバーの後を追う形で今秋、中居がジャニーズ事務所から独立するのではないかとのウワサがまたしても強まっていることだ。

「中居さんには今年9月のジャニーズ独立説が再燃していますし、それが強行されることを想定した上で自身の冠番組の継続が困難になった場合を想定しているからこそ"北山クン推し"の打診なのではないでしょうか。とにかく中居さんは義理堅い人ですから…。自分がジャニーズを退所して番組が継続できなくなった場合を見越し、次の新番組の構成をしやすいように今の段階から北山君を推薦したとすれば辻褄も合います。そういえば、この前も中居さんは北山君については『オレと同じように三枚目キャラでトークもキレる。まとめっぷりも半端なく上手いし、アドリブも天才的だからね』ともべた褒めしていましたよ」(前出の関係者)

中居が北山を「後継者」として目をかけながら育成していることは間違いない。そして北山に自らの遺伝子を注入した暁にはジャニーズとの契約が切れる今年の9月9日をひと区切りとして、やはり退所の道を選ぶのだろうか。いずれにせよ中居の今後の動向はキスマイの北山がキーパーソンとなりそうだ。