Kis-My-Ft2 ニュース情報

Kis-My-Ft2 の最新のニュースなどお伝えしています

  • Twitter
  • RSS


    タグ:Kis-My-Ft2

    デビュー5周年、5枚目のオリジナルアルバムとなるKis-My-Ft2のアルバム『I SCREAM』(6月22日発売)の[初回生産限定2cups盤]のみに収録される、リード曲『YES! I SCREAM』のミュージックビデオが完成、本日解禁となった。

    撮影現場では100人のエキストラと共に50回以上に及ぶ行進シーンに挑戦、壮大なセットとVFX を巧みに活用し、MVの域を超えた圧倒的な映像を実現している。

    同 曲はストリングスが奏でる壮大なサウンドと、力強いビートが印象的で、聴いている人のパワーとなり、アンセムとして新しい一歩を踏み出せるような楽曲で、 「仲間、家族、恋人、大切な人と共に歩む壮大な道のりを、歌い踊りながら新しい世界へとパレードをし、共に行進していく。」という人生のパレードを表現し ているとのこと。

    “キスマイのパレード”をテーマに、夏のはじまりを高らかにHAPPYに歌い上げ、Kis-My-Ft2 が人々を盛り上げながら一団の中央で、その先陣を切っていくというストーリーだ。

    キ スマイ史上最大規模の壮大な世界での「キスマイパレード」のシーンは圧巻。CG製作期間に1か月を費やし50000人の大観衆を収容した巨大スタジアムを 表現! また舞い散る花吹雪、大空を仰ぐ無数のフラッグ、高鳴るドラムライン、吹き上げる水なども登場し、その映像からも高揚感が伝わる作品に仕上がって いる。もちろんキスマイならではのダンスシーンも必見だ。

    メンバーの北山宏光も 「今までのキスマイのMVとは違う壮大な作品が出来ました。」とコメント。

    玉森裕太は「楽しい撮影でした。見所は僕の笑顔です(笑)」と撮影を振り返り、また藤ヶ谷太輔も 「たくさんの方々との行進シーンの出来上がりが楽しみ。ファンの方にも好きになってもらいたいです。掛け声のある歌なので、早くライブでみんなと歌いたいです。」と曲に対する思いを語っている。

    オリンピックを控えるこの夏、キスマイならではの壮大でHAPPYな夏の開会式、チェック必須だ。

    アルバム『I SCREAM』は、先日発表されたソロ曲の全貌や、初のメンバー作詞曲、そしてメンバー7人で1泊した沖縄での「シェアハウス」企画など、収録内容が連日話題となっている。

     
    「I SCREAM」のMVは、初回生産限定2cups盤に付属するDVDに収録されます。

    Kis-My-Ft2公式サイトでもMVの一部が公開されました。

    MOVIE | Kis-My-Ft2 Official Website

    6月22日にリリースされるKis-My-Ft2のニューアルバム「I SCREAM」のリード曲「YES! I SCREAM」のMVが、今朝のWSで解禁されました。

    MVのテーマは「人生のパレード」。Kis-My-Ft2が様々な世代のエキストラ100人とともにパレードすることで、大切な人と人生を共に歩んでいくことが表現されています。MVの撮影は16時間以上にも及んだとのこと。

    メイキングでメンバーの北山宏光くんは「今までのKis-My-Ft2の(MVの)感じじゃないかな。壮大なものになっているといいなと思います」とコメントしていました。

    「I SCREAM」のMVは、初回生産限定2cups盤に付属するDVDに収録されます。

    Kis-My-Ft2公式サイトでもMVの一部が公開されました。

    MOVIE | Kis-My-Ft2 Official Website


    【予約受付中!】 

    1
    I SCREAM(2CD+2DVD)(完全生産限定 4cups盤)
    ¥ 4,752
    2
    I SCREAM(CD+DVD)(初回生産限定 2cups盤)
    ¥ 3,283
    3
    【早期購入特典あり】I SCREAM(2CD+2DVD)(完全生産限定 4cups盤)(オリジナルB3サイズポスターA付)
    ¥ 5,940
    4
    【早期購入特典あり】I SCREAM(CD+DVD)(初回生産限定 2cups盤)(オリジナルB3サイズポスターB付)
    ¥ 4,104
    5
    【早期購入特典あり】I SCREAM(2CD)(通常盤)(オリジナルB3サイズポスターC付)
    ¥ 3,240
    6
    I SCREAM(2CD)(通常盤)
    ¥ 3,240

    https://jmania.jp/wp-content/uploads/2016/05/jmiyatama02.jpg

    「妻が僕の趣味のコレクションを捨てました」と小町に投稿してそうな宮玉夫妻



     数々の番組や雑誌でアニメ愛を語り、アニメオタクとして知名度を上げた、Kis-My-Ft2の宮田俊哉。基本的に宮田はインドア派の印象だったが、最近ではメンバーの玉森裕太と一緒にジムで体を鍛えているそうで、意外にもアクティブな休日を過ごしているようだ。その心変わりを、5月25日深夜放送のラジオ番組『キスマイRadio』(文化放送)内で明かしていた。

     そもそも、「筋肉は必要がないと思っていた」と話す宮田。筋肉がつくと代謝が上がり、お腹が空く。さらには汗をかいたりもするため、「自分の体に対してエコではない」と持論を展開する。それを聞いた玉森が、「宮田は家にこもって外に出ないわけでしょ? そりゃ筋肉つかないよね。休みの日は1日なにしてるの?」と質問するのだが、そこで宮田の驚くべき休日が明らかになった。

     予定のない休みの日、宮田は朝起きてすぐに「目覚めの1アニメ」を見るそうだ。ソファにだらっと寝そべりながらアニメを見ていると、いつの間にお昼になって、お腹がすく。すると、手の届く距離に置いてあるスマートフォンを使って出前を取り、出前が来るまでにもう1本アニメを鑑賞。届いたら食事をしながら、再びアニメを視聴。気づくと夜になっているらしく、再度出前を頼み、アニメ鑑賞しながら夕食をとって、寝る。そんなぐうたらな一日を過ごしているそうだ。ちなみに、トイレと入浴以外は立つこともない、ときっぱり。

     そんな宮田は、「オタクは人間の進化した姿」という超理論を展開。狩りをしなければいけなかった時代は力がある男が一番強かったが、現代は知識があればお金が稼げる。「そうしたら肉体よりも知識でしょ」となぜか強気になる宮田。時代に合わせて人間の体格は変化しており、オタクの「博識だがヒョロヒョロ」という姿は未来の人間の形で、「100年後、世界中みんなオタクのあのヒョロい感じになってると思う」「オタクは未来人だと思って接して」と、トンデモ理論を展開していた。

     それを聞いた玉森はあるカミングアウトをする。引きこもってばかりの宮田を外に連れ出そうと、家に飾ってあるフィギュアをすべて壊そうと思ったことがあったそうだ。そんな思いを聞いた宮田も「やめて! それ、フィギュアだけじゃなくて友情も壊れる!」と声を荒げる。オタクというもの、往々にしてリア充から「少しは外に出ろ」と言われても、素直に聞き入れないものなのである。

     そんな“我が道を行く”宮田だが、最近考えが変わってきたらしい。6月22日に発売となるニューアルバム『I SCREAM』のソロ曲のMVを撮影した時だ。普段はプロのダンサーを呼んで撮影をするらしいのだが、宮田は自分のソロ曲にヲタ芸のプロを呼び、一緒にヲタ芸をしたそう。その時、ヲタ芸のプロたちの肩まわりだけに筋肉が付いてるのを見て「きれいな逆三角形だ」と思い、体を動かすのも良いなと思ったそうなのだ。

     玉森が宮田の大切にしているフィギュアを壊してまで外に出そうと、決死の覚悟をしていたにもかかわらず、ヲタ芸のプロたちの筋肉を見ただけで考えが変わった宮田。やはり、オタクを動かすにはオタクの力が必要なのだろうか。


    キスマイ二階堂&A.B.C-Z河合がSexy Zoneのコンサートに居座り、マリウスに真顔で追い払われる

    後輩にウザがられ、また一歩キムタク路線が遠のいたふみきゅん

     Sexy Zoneのメンバーが、『2016リオデジャネイロオリンピックバレーボール世界最終予選』のオフィシャルサポーターとして、会場やテレビ中継を盛り上げている。Sexy Zoneはデビュー5周年を迎え、4月24日にはツアー『Welcome to Sexy Zone』の東京公演(国立代々木競技場第一体育館)を開催。演出をメンバー全員が手掛けた今回のコンサートに、ゲストとして数々のジャニーズメンバーが登場したようだ。

     「月刊ソングス」6月号(ドレミ楽譜)によると、コンサートのMC中に菊池風磨が「Kis-My-Ft2とA.B.C-Zから来てくれたお2人がいます」と紹介し、Kis-My-Ft2二階堂高嗣とA.B.C-Z河合郁人がステージに登壇。河合は登場するやいなや「おい、やめろよ~。どう考えても、キスマイとA.B.C-Zのメインじゃない2人だろ」と発言し、会場を沸かせたとのこと。

     菊池は「二階堂くん、あれですよね? こないだ松島からメール返ってこなかったんですよね?」と、普段よく食事に出掛けるという二階堂と松島聡の仲について尋ねる。二階堂は「返ってこなかったんだよぉ~」と無視されたことを嘆くが、松島は「いや、返しましたよ」とキッパリ。すると菊池が「あれ、俺にクレーム入ってるからね」と松島に詰め寄るが、松島は「え、ニカちゃん、返したよ。返しましたよ」と繰り返した。さらに佐藤勝利が「何でタメ口になったの?」とツッコみ、会場を笑わせた。

     また、河合と二階堂は先輩として、コンサートでの振る舞い方にアドバイスをする場面も。二階堂はマリウス葉に「あ、そうだ。マリウスくん。記者会見の前に、お客さんに、せっかく立ってくれたのに、“座ってよ、せっかくの休憩なんだから”って言っちゃダメだよ」と注意。二階堂と河合が登場するまで、MC中にあまり言葉を発していなかった松島には、二階堂が「あの、聡くんはなんでしゃべらないの? 誰かからしゃべっちゃだめって言われてるの?」とコメント。河合も「松島の声、もうちょっと聞きたいぞ」と後押ししていた。
     
     中盤、二階堂が「俺たち長いよね?」と、後輩のステージに居続けることに気を使う様子も。しかし、メンバーが首を横に振ると、河合は「だいたい分かるよね。中心にいる勝利がさ、一歩引いて来てるのが。あいつら早く終わんねぇかなって」と意地悪なツッコミを入れる。

    【キスマイ二階堂&A.B.C-Z河合がSexy Zoneのコンサートに居座り、マリウスに真顔で追い払われる】の続きを読む

    5月3日放送の「キスマイ魔ジック」(テレビ朝日系)で、Kis-My-Ft2が東大生に次々論破されてしまった。Kis-My-Ft2と現役東大生は「クイズ!魔ジックフレーズ」という、偉人の名言を当てる企画で直接対決。7人の男子東大生は「キスマイ諸君、東大生に何なら勝てる?」と挑発した。

    玉森裕太には、大富豪のビル・ゲイツ氏が飛行機に乗る時はエコノミー席を使用するというエピソードから、ビル氏が答えたその理由「だって○○○○だろ?」の○○に当てはまる言葉を予想するクイズが出された。玉森は「だって見られ方がいい方がいいだろ?」と解答。「大金を持って皆がうらやむような生活をしているけれど、エコノミーを使って支持してもらえるように」と自信たっぷりに答える玉森に、東大のクイズ研究会所属でIQ149の河村拓哉は「日頃(玉森さんが)何を考えているかがよくわかる、とてもいい答え」と分析。玉森は周りからよく見られたいと思っている深層心理を暴かれ、舌をペロリと出して顔を赤らめた。

    東大生チームの解答者は、競技ダンス日本一で作家の大熊将八。自身がモテないという大熊は「1:東大で、2:高身長、3:ダンス日本一で、4:スポーツもでき、5:本も書いている。ポイント制でいうと5ポイントあってもモテない。ジャニーズさんはせいぜい1:顔と2:ダンスくらいじゃないですか」と納得いかない様子。これにはキスマイも「おい、待て待て!」と立ち上がって反論。千賀健永は「ジャニーズ馬鹿にすんなよ~」、北山宏光も「俺ら2ポイントとってるよ」と吠えた。

    ちなみにビル・ゲイツの正解フレーズは「だってエコノミーでも到着する時間は同じだろ」だった。ビジネスにおいて倹約家のビル氏が不必要な贅沢は無駄と考えたようだ。

    集まった東大生たちが唯一尊敬するメンバーは宮田俊哉だということも明らかになった。東大生・河村が「宮田さんをすごく尊敬している」と言い始め、他の東大生も宮田のアニメオタクな部分が他のアイドルとは一線を画していると好評価。「ありがとうございます!」と喜んだ宮田は、東大生の出すアニメ「ラブライブ!」クイズに余裕で正解していた。

    このページのトップヘ